教育関連の資料置き場 2nd.blog

教育関連の資料置き場です

教育関連の良書

どこかで書いた気がするが再掲ということで。

部分的な話は出ているので、全体を総括できるものを書いていきたいと思います。まあ話の前提ですね。

 

物事は歴史の積み重ね

一般的に系統学習と問題解決学習(児童中心主義)という二系統があります。後者はアメリカの思想(プラグマティズム)が反映されています。

ゆとり教育の本質

ちなみにゆとり教育の本質は系統学習から問題解決学習(児童中心主義)への移行です。

系統学習

系統学習の典型は、明治末期から1933年(昭和8年)頃にかけて展開された。その後第二次世界大戦が終わり、アメリカの新教育が導入され、それを背景として経験主義的な問題解決学習が流行となった。しかし、1958年(昭和33年)頃から子どもの学力低下を背景に、安易な児童中心主義として問題解決学習が批判され、系統学習が見直されるようになってきた。

系統学習 - Wikipedia

問題解決学習

アメリカの教育学者のジョン・デューイの学習理論。学習を能動的なものと規定し、知識の暗記にみられる受動的なものを脱却し、自ら問題を発見し解決していく能力を身につけていくことに本質をもとめた。

問題解決学習 - Wikipedia

科目としては総合的な学習ですね。結果が示すように日本は失敗?しています。なぜ失敗したかは以下の本で。

 

教育改革の幻想 (ちくま新書)

教育改革の幻想 (ちくま新書)

 

アクティブラーニングも本質的に言えば児童中心主義(問題解決学習)と思われます。だからこそ上記の本はまだ価値を失っていないと思います。

文部科学省は、大学教育改革のためにアクティブ・ラーニングを推奨しており、その一環として課題解決型学習をあげている

問題解決学習 - Wikipedia

実害が出るのは2020年の大学入試だと思います。ただこの分野の決定版がまだないと思います。ゆとり(2002)に関しては苅谷先生が前年(2001)に出しておりました。

だから、2020年大学入試改革は失敗する――ゆとり世代が警告する高大接続入試の矛盾と落とし穴

ゆとり教育は終わっていないのです。

日本の教育制度史

貧乏な日本がいかにして教育を(地方に)普及させたかという話。学校の先生の給与の一部は国が出しているわけですね。ただ数年前、減額されて地方財政と地方教育行政のリンク度が高まってしまいますけど。

 

教育と平等―大衆教育社会はいかに生成したか (中公新書)

教育と平等―大衆教育社会はいかに生成したか (中公新書)

 

 

外せないのが現・文科省というお役所。実は理想の日本人という問題で、省の外に影響された官庁です。三流官庁の悲哀です。

文部省の研究 「理想の日本人像」を求めた百五十年 (文春新書)
 

 

そして一体なんの意味があるのか教育委員会。行政の民主化、つまり戦後のGHQ改革から始まる行政改革民主化)としての教育。

 

教育委員会――何が問題か (岩波新書)

教育委員会――何が問題か (岩波新書)

 

そもそもなぜ公的教育費が少ないのか。つまり私費依存度が高く格差を生む原因でもあります。

公務員(先生=教育公務員)も少ないという問題もあるのですが割愛します。

 

日本初の大学は東大(東京帝國大学)である。そして世界初の工学部も東大である。その意味は?

慶応大の方が先ですが当時大学と認められていないため、名目上は東大が先です。実質は慶応だそうですが。

 

大学の誕生〈上〉帝国大学の時代 (中公新書)

大学の誕生〈上〉帝国大学の時代 (中公新書)

 

 大学史はおまけなので読まなくとも大丈夫です。

学力と家庭(地域)

学力とは何か?を考える上で前提となる社会調査。これを読んでいれば教育改革が成功するか失敗するかがわかります。現時点では外れしかやっていないと思います。AIの研究者も言ってましたが、先にやるべきことがあるんです。

 

大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史 (中公新書)

大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史 (中公新書)

 

 

そのアップデート版。大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史 (中公新書)は、資料の連続なのでハッキリ言って眠くなります。なのでお手軽な方はこちらです。

 

学力と階層 (朝日文庫)

学力と階層 (朝日文庫)

 

 学力調査

ゆとり前、ゆとり、ゆとり後です。

調査報告 「学力格差」の実態 (岩波ブックレット)

調査報告 「学力格差」の実態 (岩波ブックレット)

 

科目のお話

似た問題として英語があります。なぜ英語を話せないかはカリキュラムとか時間とかありますが、それは学校内の話で、学校外の話はこちらです。『学力と階層』とほぼ同じ認識です。

 

「日本人と英語」の社会学 −−なぜ英語教育論は誤解だらけなのか

「日本人と英語」の社会学 −−なぜ英語教育論は誤解だらけなのか

 

もっと言うと英語というより日本人の世界認識が翻訳しても通じないという問題があります。物事のとらえ方が違うので翻訳しても伝わりにくいのだと思います。彼らの考え方はもう少しロジック重視です。というよりその部分しか通じないと思います。「明確でないものはフランス語ではない」と言いますが、実際はフランス人は明瞭に話すことを努力しているから明瞭なのだということです。

国語の先生が外国で授業をしたら(通訳を介して)、外国の子供がチンプンカンプンだったという事例があります。物事の把握が全く違うということです。

ということで日米比較です。実は欧米でもフランスとアメリカは違います。

6号:日米仏の思考表現スタイルを比較する

 

納得の構造―日米初等教育に見る思考表現のスタイル

納得の構造―日米初等教育に見る思考表現のスタイル

 

 

では、日本の国語は何をやっているのか?

 国語は道徳だという話です。

国語教科書の思想 (ちくま新書)

国語教科書の思想 (ちくま新書)

 

 

 

「国語」の近代史―帝国日本と国語学者たち (中公新書)
 

 

 

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

 

学校の不思議

集団化を目的とした教育。学校の嫌な感じは意図的ですね。

人間形成の日米比較―かくれたカリキュラム (中公新書)

人間形成の日米比較―かくれたカリキュラム (中公新書)

 

とりわけ摩擦の一因ともなったいる“個と集団”への意識はなぜ異なるのか。子供観の検討、初等教育の比較から、著者は集団への同調行動の二つのモデルを見出す。

「日本は集団主義」というのは神話であると日米比較(社会心理学)で明らかになっています。

それはこちらです。何分古いので、同じ著者の新しい方をがいいかもしれません。

安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)

安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)

 

 

おまけ

 

イギリスのいい子日本のいい子―自己主張とがまんの教育学 (中公新書)

イギリスのいい子日本のいい子―自己主張とがまんの教育学 (中公新書)

 

 

後半…があれば

海外発の教育は必ず失敗する~改革のつまみ食い問題~

なぜ海外流の教育は失敗するのか 西洋文化と日本文化の違いと日本人の原則

主体なき個(孤)の問題

予告編として『日本の思想』

 

日本の思想 (岩波新書)

日本の思想 (岩波新書)

 

なぜ思想かというとその精神がすべてのバックボーンになっているからです。アメリカ独自の思想、プラグマティズムが教育にも影響を与えているように(ジョン・デューイ)。日本人とそれ以外の知識の蓄え方が違うのです。ちなみに中国は欧米よりの様です。

 

PCのお供に良いキーボードを 

 

教科書が難解な理由 本は厚さで決まる

本というのは紙の枚数で値段が決まるそうで、例えば新書だと1000円以下にするために250枚くらいに抑えるらしい。特殊な本以外は、一冊当たりの編集出版コストは同じで発行部数も同じと仮定すると値段は紙をどのくらい使うかで決まるというカラクリだそうです。

アメリカの教科書は分厚く重いので、電子化のメリットがある。

重版出来! 1 (ビッグコミックス)

重版出来! 1 (ビッグコミックス)

 

以前、ある人が原稿を書いたが多すぎて削って出版したと語っていた。理由はもちろん上記の通り。だから歴史ものを書いたとき、泣く泣く削って近代に近い方を削ったとか。

削った原稿を戻したのがこちら。ただし800円台。当時の新書は700円台なので厚さ100円分削ったのかな。

中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)

中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)

 

 

入試科目である世界史B、日本史Bの主な教科書の用語数は1950年代の3倍近くに増え、学校の授業の時間内では教科書が全然終わらない。

龍馬・松陰より「理系が食いつく用語」を 歴史教科書案:朝日新聞デジタル

 

 

公務員が少なすぎる問題 児童相談所編

headlines.yahoo.co.jp

こういう時は統計資料に当たろうというのが学校教育の役目です。

厚生労働省が出している資料

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000104093.pdf

平成26年。児相が受けた件数8万8千件

正確な数字は、約15年間で人員が2.4倍だが、件数が7.8倍になっています。

 

かつて聞いた話に、年間5千件の時(70年代)の人員で維持されているという恐ろし話がありました。

ちなみに職員一人当たり200人の子供だそうです。

 

法的に相談所が介入できる法律ができました(児童福祉法28条)。もし法律がなければ子供を誘拐するという扱いになります。法律で裁判所の許可(令状)を受けて、子供を取りに行くということが可能です。でも、当時から言われていた「児相は暇ではない(余裕がない)」ということです。法律ができた後、実際にどれだけ取り扱ったかという記事があって、ほとんどなかったという話だったと思います。

文句を言う前に金です。

 

学校の最大の効用は強制的にやらせる環境

anond.hatelabo.jp

とりあえずこの本でどうでしょうか。

学校って何だろう―教育の社会学入門 (ちくま文庫)

学校って何だろう―教育の社会学入門 (ちくま文庫)

 

本書とは関係のない話です。

 

学校の意義

モチベーションの維持と通信教育の限界

以前にも書いたお話です。

学校の目的はいろいろあると思いますが、最大の効用はモチベーション維持だと思います。通信教育の難点はこれで、最後まで行ける人が一桁パーセントです。

オンライン講義のMOOCが大学に取って代わることができない理由 | TechCrunch Japan

通信制高校は卒業率50%くらいのようですね。

http://www3.grips.ac.jp/~education/epc/wp-content/uploads/2017/04/MJE16203okubo.pdf

学校の必要性についてはこれです。

【補足追加】子供からも親からも不評だった小学校5,6年時の担任・Y先生の指導方法が「時間差」で素晴らしい教育結果を出した、というお話 - Togetterまとめ

ただし、ものすごく現場負担が大きいので現状では無理です(書き手から推察するに30年前の話)。リンク先の結論は学習習慣を身につけさせる。家では身につかないから。

誘惑のない強制される環境に入れた「実験」結果

受刑者に更生作業として漫画背景を描かせていることに集まった意見とセンターの方による回答「税金で?」「アニメーターになっていただくのは…」 - Togetterまとめ

もし自分(ご家庭)で、できるならこっちのコースがあります。アマゾンの書評が参考になりますが、要するにお母さん優秀(負担)ということです。

ここに保護者が積極的にかかわらなければならない。ほったらかしに
先生任せにしてはいけないのである。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2JF2X7E9AV17A/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4396114958

なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?(祥伝社新書)

なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?(祥伝社新書)

 

ゆとり教育のもたらしたものは下位層の脱落だったようです。(確か教育経済学の人が書いていました*1)。強制的にやらせる環境がないとやらない人は一定数います。

ゆとり教育そのものは間違ってはいません。単なる暗記から創造(思考)へというシフトは高度情報社会には必要です。ただし、ついてこれない。これが問題です。教師の能力以上に生徒の能力がついてこれないのです*2

この本あたりにあったと思います。

教育改革の幻想 (ちくま新書)

教育改革の幻想 (ちくま新書)

 

AI研究から派生した読解力テストも似た話です。高度なことをやる前に問題が山積です。

教育はその国の文化の反映

ただ学校教育の思想が同一化という、ややこしいところがあるので、それは日本の文化としか言いようがないですね。それを奴隷化というのもうなずける。

こちらの本です。同調化ですね。

人間形成の日米比較―かくれたカリキュラム (中公新書)

人間形成の日米比較―かくれたカリキュラム (中公新書)

 

なんでこんなことをするのかというと疑問があります。社会心理学では日本人は他人を信用せず、個人主義であると出ています。このあたりが関係しているのではと思います。

詳しくはこちらの本です。 

安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)

安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)

 

規律訓練による集団化が必要だった軍隊と学校

これは明治の日本が持ち込んだ近代という魔法で、これがないと近代社会は動かないのです。わかりやすく言うと『遅刻の誕生』です。

この本です。学校と軍隊と刑務所は同じとはフーコー*3だったかな。

日本の軍隊―兵士たちの近代史 (岩波新書)

日本の軍隊―兵士たちの近代史 (岩波新書)

 

学校はスタンダードを学ぶ場

最後に学校の目的は少なくとも高等教育はその筋のスタンダードを学ぶことです。どんなに賢くともその世界の標準的な理解がないと明後日の方向に全速力で行きます。実はこの手のタイプはよくいます。

戦後日本の学校

学校は安く作っている。

教育と平等―大衆教育社会はいかに生成したか (中公新書)

教育と平等―大衆教育社会はいかに生成したか (中公新書)

 

選択肢が増えることは良いこと。通信制のネックであるモチベーションをどの程度カバーできるか。

ネットの高校「N高校」は教育界を変えるか | AERA | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

しかし桜蔭名前が二回出てくるのは。

補論:学校のあの雰囲気を再現

学校のやな感じを再現。じゃなくて、アカデミー賞受賞作品(2012)。神木隆之介や東出が好きなら。

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

 

 アマゾンビデオ版

桐島、部活やめるってよ
 

そういえば偏差値の高い人が学校は友人(趣味の合う人)と出会うことと言っておりました。偏差値が高いと話が合う人が少ないので、学校(ほぼ大学ですが)はその結節点になるそうです。

discipline

 

遅刻の誕生―近代日本における時間意識の形成

遅刻の誕生―近代日本における時間意識の形成

 

ビデオ教材の難しいところは誰に向かって喋っているかという問題ですね。テレビが凄いのは、お客を飽きさせないテクニック満載なところです。普通の人は5分で寝ます。ただ実況中継している教材は使えないことが多いです。映画だと微妙に嘘を入れてリアリティ(面白さ)を出しています(『あれ?私、何やってるんだろう…?』特集!

)。なのでそういったテクニックのノウハウがないと映像作品として退屈になります。テレビ的に作ったら質が上がるかと言えば、コンテンツとして薄味になるでしょう。カロリーは高いけど栄養が全然ないビデオになります。

スクリプトドクターのプレゼンテーション術 (DIALOGUE BOOKS)

スクリプトドクターのプレゼンテーション術 (DIALOGUE BOOKS)

 

 

*1:

http://www.lec-jp.com/h-bunka/item/v240/pdf/200406_32.pdf

*2:教師の能力は生徒の学力と相関しない(高校時)。

*3:『監獄の誕生』

日本人英語教育の誤解 社会学からの見解

英語教育については資料が出ています。大学教育の意義はデータ(資料)に当たること。現時点で定番はこの本『「日本人と英語」の社会学 −−なぜ英語教育論は誤解だらけなのか』で、この本しかないことは著者が嘆いている。つまり、政策にあたって(最近流行りの)エビデンスがない状態でことが進んでいる。

「日本人と英語」の社会学 −−なぜ英語教育論は誤解だらけなのか

「日本人と英語」の社会学 −−なぜ英語教育論は誤解だらけなのか

 

 英語に関しては他の教育関係と同じで学力の問題である。故に問題の根幹も同じ。

英語によって何かが変わることはあるかと言えばない。英語がなくてもそこそこ稼げる(統計は過去なのでこれからはわからないが)。理由は英語需要はあまり高くない。現にリーマン・ショックで英語需要が減った。

(私見:なので、インセンティブがないので多くの人にとって趣味の範囲内になる。つまり一生懸命やる理由はほぼない。)

さらに学校の英語教育は時間数が少なすぎる。つまり学校内で終わる話ではない。英語→日本語だと2200時間かかる(アメリカ国務省の意見)。

日本のエリート層の英語の出来が悪い。庶民はどの国もだいたい同じ。某イタリアの専門家がイタリアの田舎に行ったら、英語話者と思われて微妙な対応をされたが、イタリア語を話すと相手(イタリア人)は安心したと言っていた。

学力と階層とほぼ同じ構造もあり教育とつく話には必読です。

学力と階層 (朝日文庫)

学力と階層 (朝日文庫)

 

 『学力と階層』は一般向けですが、『日本人と英語』は学術よりなので結構読むのは骨が折れます。新書で一般向けが出ないかなあと思います。ちなみに英語教育で統計的な話はこの本くらいしか出ていないです。

スピーキング授業はコストが高いのでクラス40人相手にするとたぶん授業が2つ3つ潰れます。あと学校の先生は雑用が多すぎるので授業以前の問題があります。特に中学は過労死レベル(残業が月80時間)で、世界で一番働いています(統計出ています)。

AI研究から読解力にいった研究者が言うように、そもそも英語より先にやるべきことがあるというのが研究から導かれる結論です。

www.nikkei.com

ほんとうにいいの? デジタル教科書 (岩波ブックレット)

ほんとうにいいの? デジタル教科書 (岩波ブックレット)

 

はてな村の人たちは読書家だと思ったけど、意外にこの手の本を読んでいないのかと思いました。

素人は作戦を語り、玄人は兵站を語る。日本人が足りないのは兵站と情報(インテリジェンス)。

『大衆教育社会のゆくえ』は『学力と階層』より前に出た本です。同じ著者で『学力と階層』はこの本のアップデート版です。話はそれほど変わらないですが、中公新書なので難しさがあります。というか資料いっぱいで眠かった記憶があります。

大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史 (中公新書)

大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史 (中公新書)

 

 学校の英語教育を知っているかどうかのリトマス試験紙

 英語必修は2002年からです。え?っと思った人は素人です。

「なんで英語やるの?」の戦後史 ??《国民教育》としての英語、その伝統の成立過程

「なんで英語やるの?」の戦後史 ??《国民教育》としての英語、その伝統の成立過程

 

 

日本の「ダメ英語」を叩きなおす

日本の「ダメ英語」を叩きなおす

 
平岡塾長の親指南―私が大学合格の秘訣をお教えしましょう (ゴマブックス)

平岡塾長の親指南―私が大学合格の秘訣をお教えしましょう (ゴマブックス)

 

 

小学校英語教科化をめぐって、日本人と英語にまつわる誤解(寺沢拓敬) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

完全改訂版 バイリンガル教育の方法 (アルク選書)

完全改訂版 バイリンガル教育の方法 (アルク選書)

 

 

 

英語教育の危機 (ちくま新書)

英語教育の危機 (ちくま新書)

 

 

都道府県別私立中学進学率平成29年度版(2017年)

一番左が全国平均

東京は例外として、高知県は何があるのかな?

f:id:geopolitics:20171012161416p:plain

出典 学校基本調査H29年速報

統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103

 

中学入試国語のルール (講談社現代新書)

中学入試国語のルール (講談社現代新書)

 

都道府県別図書館数平成27年度版(2015)

設置者が公立の図書館の数(設置者は教育委員会地方公共団体

平成27年10月1日現在。

全国で約3300館。

 

都道府県別図書館数と人口

棒グラフが図書館。折れ線グラフが人口。

f:id:geopolitics:20171012140918g:plain

図書館一館当たりの人口(単位:人)

f:id:geopolitics:20171012140940g:plain

図書館は種類別にあるので一番多いところ。私立図書館(例:大宅壮一文庫)は除いている。

指令管理者制度で民営(会社)が運営(しているところだと思います)

f:id:geopolitics:20171012142655g:plain

出典

図書館について

社会教育調査 平成27年度 統計表 図書館調査

設置者別所管別図書館数(公立のみ)

設置者別指定管理者別図書館数

統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103

人口について

日本の統計2017

統計局ホームページ/日本の統計−本書の内容

 「図書館で文庫本貸さないで」文芸春秋社長が訴え 「文庫は借りずに買ってください!」 - ITmedia NEWS 

図書館の貸し出し件数

 

f:id:geopolitics:20171012194512p:plain

出典

日本の図書館統計

参考

日本の出版統計|全国出版協会・出版科学研究所

図書館貸出冊数と書籍販売部数の推移 2005年~2014年 寄稿:冬狐洞 隆也 氏:【 FAX DM、FAX送信の日本著者販促センター 】

図書館に詳しくなろう

図書館は無料貸本屋ではない
未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告― (岩波新書)

未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告― (岩波新書)

 
図書館に訊け! (ちくま新書)

図書館に訊け! (ちくま新書)

 

 

 

図書館はベストセラーをどれだけ買い込んでいるのか?--「村上海賊の娘」のデータを調べたら頭が混乱した話 - CNET Japan

株式会社図書館流通センター、2016年4月末現在で受託運営している公共図書館の数が全国の約15%に及ぶことを発表 | カレントアウェアネス・ポータル