教育関連の資料置き場 2nd.blog

教育関連の資料置き場です

名前と学力は相関する?

ここで名前を指しているのは下の名前です。親が子供につける名前です。

林修先生、キラキラネームと学力の相関性語る 東大合格者の名前は…/芸能/デイリースポーツ online

ラキラネームという呼称がなかった約20年前にテストの成績順に名前を並べたところ「途中から突然(名前が)読めなくなった」との経験を明かした。

 また今年の東大合格者の名前をリストアップしたところ、番組プロデューサーが「全員、名前が読めますね」と話したエピソードも披露

(赤は引用者付記)

これは以前から言われていて、いわゆるお受験と言われる中学受験者の合格者名簿をみるとその傾向がありました。まだ個人情報がゆるゆるの時です。

 

“子”のつく名前の女の子は頭がいい―情報社会の家族 (新書y (045))

“子”のつく名前の女の子は頭がいい―情報社会の家族 (新書y (045))

 

 

この本では、女の子の名前を調べると「子」がつく女の子の出現率が世間一般とお受験組で差がある、としているそうです。「子」がつく方が多い方が中高一貫校合格者(もちろん女子中高)です。子のつく割合が減ったのが80年代生まれで、つまり12歳時の90年代の話です。(この本自体はいろいろ言われていますが。)

女性名から「子」が消えたワケ? 明美が分岐点|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

なぜ女の子かというと、男の名前より女の名前の方が変化が早いのですぐに結果が出るからだそうです。男の子は案外保守的に名前が付けられるので変化が出にくいのだそうです。それから女の子は「子」というわかりやすい記号があるからでしょうか。

キラキラネームという商売用の言葉がなかった時代に、保守的な家庭ほど女の「子」の名前をつけて、世間(平均)とのギャップが生まれた。そして中高一貫校受験組は「子」が多かった=保守的な家庭ほど中高一貫校へ行った(行けた)のです。確か2倍強くらいの差があったと思います。言い換えると世間一般では少数派の「子」が一貫校だと多数派になっているのです。

 

中学受験の国語論

中学受験の国語論

 

 

ここに名前「子のつく子どもは頭が良い」の話が触れられています。引用は文庫版でしてくれとのことで紹介のみになります

反社会学講座 第15回 学力低下を防ぐには

その文庫版。

反社会学講座 (ちくま文庫)

呉智英(クレ・トモフサ。ゴ・チエイ)も大学で教えていた時、読めない学生名簿を目にする大学は偏差値が高くないと書いてあって、暴走万葉仮名と命名していました。話を聞いていた女性記者もそういえばわが社(全国紙・高偏差値大学卒が入社)にはそういった名前の同僚はいないですねと。

はてなブックマーク - 「【コラム・断】難読名と偏差値」コラむ‐断ニュース:イザ!

これはアメリカでも似た話があります。

アメリカの場合はややこしくて、黒人がつけそうな名前と白人がつけそうな名前という分類もあります。履歴書を送ると明らかに名前で違いがあるそうです。履歴書に写真添付は差別になるので貼らないのに、わかるそうです。

その話はこちらの本で。

 

ヤバい経済学 [増補改訂版]

ヤバい経済学 [増補改訂版]

 
ヤバい経済学 [DVD]

ヤバい経済学 [DVD]

 

 アマゾンビデオ

ヤバい経済学 (字幕版)
 

 

日本は名前の変化が下から起きるが、アメリカは上から起きる。よって上流家庭で流行った名前が下の階層に降りてくる。たとえばある名前が10年後に下の階層でつけられるようになる。付ける名前と生まれた年をみると地層を見るようにわかるらしいです。

d.hatena.ne.jp

headlines.yahoo.co.jp林修先生、キラキラネームと学力の低さは「相関性がある」

名前というわかりやすい指標なので話題になったのだと思います。それから子供の名前は誰がつけるのか?ということを考えれば、親の問題であるというのが分かると思います。子供には罪はないということの意味でもあります。親を見よ、ですね。

そんな統計が~というクレームには教育社会学の学者が一般向けに書いた書籍を読むと名前よりもはっきりわかります。名前が分かりやすいマーカーの役目をしているだけで、本質は親の問題(とその周辺)です。

「学力と階層」解説 (内田樹の研究室)

キラキラネームは統計学でいうところの交絡(こうらく)だと思われます。名前(独立関数)と学力(従属関数)の外に親(外部関数)があると思われます。

それから難読とキラキラネームは違います。難読は漢文から持ってきたようないわゆる教養人がつける名前で、キラキラネーム(広告代理店用語)は以前からネット界隈でDQNネームと言われているように日常的には読まないだろうという名前です。そこんとこ夜露死苦

 そういえば似た話としてこんなものもありました。

 

26世紀青年 [DVD]

26世紀青年 [DVD]

 

 アマゾンビデオ

 

本質的な議論はこちらの本が詳しいです。

 

学力と階層 (朝日文庫)

学力と階層 (朝日文庫)

 

 

イギリスだと同系色をこんな感じに言います。

チャヴ 弱者を敵視する社会

チャヴ 弱者を敵視する社会